医師

アンチエイジング治療を受けよう|最良の美容整形外科を受診すべし

クリニックの若返り治療

女の人

たるみやしわがなくなる

30代に入ると目立ってくるのがほうれい線などのたるみや、目じりのしわです。たるみやしわはどんな人にも襲い掛かる肌の老化現象です。自然現象なので、エイジングケア化粧品を使ってのスキンケアではあまり緩和できないのが現実です。それどころか、間違ったエイジングケアを繰り返すことで、ますますたるみやしわがひどくなるリスクも少なからずあります。鏡で顔を見るたびに憂鬱になってきたら、美容外科クリニックで切らないアンチエイジング治療を受けるのがお勧めです。美容外科で自分の悩みに適したアンチエイジング治療をすることによって、5歳〜10歳以上見た目を若くすることが可能です。手軽にたるみを改善する治療とし人気なのが、様々な注入治療です。注入治療とは、コラーゲンやヒアルロン酸などの注入剤や、自分自身の脂肪細胞や血小板などを注入して、たるみを目立たなくするアンチエイジング治療のことです。ほうれい線を目立たなくしたい場合は、コラーゲン注射やヒアルロン酸注射が効果的です。どちらも手鏡を見ながらできる、切開なし・ダウンタイムなしのプチ整形です。とくにヒアルロン酸注射は、美容外科でとても人気があります。ヒアルロン酸は膝の関節痛の治療にも使われていて、体の中に入れても自然分解されるのでとても安全な注入剤です。仕上がりが自然でしかも即効性があり、注入した当日すぐにほうれい線が消えて若返ります。目じりのしわや目の下のたるみには、血小板を注射するPRP皮膚再生療法が効果的です。自分自身の血液から血小板を採取して、それを目の周りに注入する美容外科で人気のアンチエイジング治療です。血小板には、線維芽細胞の活性化を促進する成長因子(グロスファクター)や増殖因子(細胞増殖因子)が含まれています。線維芽細胞はコラーゲンを作る大事な細胞で、活性化すれば肌がみずみずしくなり、しわがリフトアップしてどんどん若返っていきます。自身の血液なので後遺症のリスクがなく、デリケートな目元にも安心して注射できるのが、PRP皮膚再生療法のメリットの一つです。